自分がブラックリストか調べる方法

自分がブラックか調べる

お金を借りるにあたり、本当に借りれるのか不安ですよね?

自分がブラックリストかどうかを確認するには、信用情報機関に
個人情報の開示を求めれば確認する事ができます。

手順としては

・借入している金融機関を把握する

  銀行系なのか?
  信販会社(クレジットカード会社)なのか?
  消費者金融なのか?

・借入している金融機関に応じた信用情報機関に問い合わせる

  銀行系なら・・・・ 全国銀行個人信用情報センター(KSC)へ
  信販会社なら・・・ 株式会社 シー・アイ・シー(CIC)へ
  消費者金融なら・・ 株式会社日本信用情報機構へ

・各信用情報機関の手続きに従って、個人情報の開示を請求する

個人情報を請求すれば、本人に限り、情報を開示してくれます。

各情報信用機関によって、内容は異なりますが、参考までに信用情報センター
が開示してくれる内容を示します。

内容の中に異動情報欄と参考情報という欄があるのですが、これを見ることで自分がブラックリストに載っている状態か
どうかを見極めることができます。

異動情報欄に、「延滞」と出ていれば、3ヶ月以上の遅延を起こした履歴として登録されている事を
示しています。 

業者によってはかなり審査が甘いところもあるでしょうが、まかり間違って、違法性のあるような業者では借りないように気をつけてください。


掲載地域
北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 新潟県 富山県 石川県 福井県 山梨県 長野県 岐阜県 静岡県 愛知県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県
アコム、アイフル、武富士、ポケットバンク、レイク、新生銀行、モビット
  • このエントリーをはてなブックマークに追加