審査の甘い金融業者を探す

総量規制とは

金融機関の審査が厳しくなってきている事について、まずは基本的なことを状況を把握してみましょう。

賃金業法という法律が2006年12月に成立し、段階を経て2010年6月18日全ての規定が施行されました。

その中でも重要な要素を含む「総量規制」が定められています。

総量規制とは、貸金業者が収入残高の3分の1以上、貸付出来ないようにする為の処置のことです。

つまり、お金を借りたい人が貸金業者に審査を依頼した時に、すでに他社からの借り入れが年収の
3分の1以上、借り入れがあった場合、それ以上、借り入れが出来ないようになっています。

この処置は、消費者金融が、無尽蔵にお金を貸す事が出来ないようにして、借金に苦しむ人を
増やさないようにする効果があります。

また銀行系の貸付は、総量規制の対象外となりますが、元々、銀行系の金融機関は
審査が厳しいので、法改正の時に、わざわざ規制をかけるような事はする必要がなかったようです。

つまり消費者金融と銀行での借り入れは別扱いになる場合があるんですね。
今現在、借り入れがなく、使用目的が明確であれば、銀行系カードローンでの借り入れを
申し込むほうがいいかもしれないでしょう。

しかし、他の金融機関からの借り入れがある場合、銀行系の審査は当然厳しくなることがあるので
消費者金融の審査も視野に入れて、自分の限度額を把握してみる事をお勧めします。


掲載地域
北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 新潟県 富山県 石川県 福井県 山梨県 長野県 岐阜県 静岡県 愛知県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県
アコム、アイフル、武富士、ポケットバンク、レイク、新生銀行、モビット
  • このエントリーをはてなブックマークに追加