家族にバレずにお金を借りる

お金を借りたいけど家族にばれたら困る
当然のことながら契約書や利用明細書が郵送で家に届いたらアウトですよね。

これを阻止するにはネットでそれが確認できるシステムを持つ業者からお金を借りる事です。

そのようなシステムは多くのキャッシング業者が導入しています。

そして必ず、申し込みの際、正直に家族に知られたら困る旨をお話するのがポイントです。

返済が間に合わない、遅れた場合は注意です。
遅れてしまって業社と話しづらいのはわかりますが
電話に出ないのは最悪のケースになってしまうでしょうから
返済が遅れてかかってきた電話は必ず出ること。

勤務先に電話で確認される場合があります。
もちろん取り立て法に基づき、いきなり金返せ、なんてことはないでしょうが
会社に仕事以外の電話があれば必然的に社内の人間に気づかれます。

そのように、返済が遅れるなどの場合は事前に業者に連絡を入れ、きちんとした理由をお話して自宅に電話をかけないようにお願いしておきましょう。
細心の注意は自分が払うという心得が家族にバレない秘訣というわけです。


掲載地域
北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 新潟県 富山県 石川県 福井県 山梨県 長野県 岐阜県 静岡県 愛知県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県
アコム、アイフル、武富士、ポケットバンク、レイク、新生銀行、モビット
  • このエントリーをはてなブックマークに追加