お金を借りる時の保証人とは

お金を借りる場合に必要な保証人は、保証人の中でも特に「連帯保証人」と呼ばれるものです。

連帯のつかない保証人は通常保証人と呼ばれ、通常保証人は、債務の保証を要求されたとき(=保証人になった相手がお金を返さなかったので貸した側からかわりに返せといわれたとき)、「催告の抗弁権」と「検索の抗弁権」が与えられています。「催告の抗弁権」とは、「かわりに返せ」と言われたときに、「それはまず、借りた本人に返せと言ってからにして下さい」と言い返せること、「検索の抗弁権」とは「借りた本人が本当に返せるお金がないのかどうか貸した側がきちんと調べてからにして下さい」と言い返せることです。

連帯保証人には、これらの抗弁権がありませんので、借りた本人が返せないとなると、ただちに連帯保証人が「かわりに返せ」と言われてしまうのです。実質、連帯保証人は、「自分が借金をしたのと同じ」立場になると思って構いません。

このようなことを理解していれば、誰かの(連帯)保証人になるということがどれだけ重いことなのかわかるでしょう。

簡単に言うと連帯保証人とは借りた人と同じ立場になると考えてください。


掲載地域
北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 新潟県 富山県 石川県 福井県 山梨県 長野県 岐阜県 静岡県 愛知県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県
アコム、アイフル、武富士、ポケットバンク、レイク、新生銀行、モビット
  • このエントリーをはてなブックマークに追加