リボルビング払い、リボ払いとは

消費者金融やクレジットカードでは、リボルビング払い(リボ払い)という返済方式を目にすることと思います。

これは、「毎回の返済額を一定の額にする」という返済方式のことです。
こういうと元利均等返済と同じに聞こえますが、住宅ローンなどの元利均等返済が、借入総額と利率、借入期間などから、毎回の返済額を決めているのに対して、リボルビング払いは先に返済額が決まっている点が違います。

返済額のうち、いくらを元本の返済にあて、いくらを利子の返済にあてるかは、同じリボルビング払いでも異なる方式があり、一口にリボルビング払いといってもさまざまな種類があることになります。

また、現在は、借入後にリボ払いに変更するなどのサービスもあるようですね。

通常、返済は違う借り入れに対してそれぞれ行うものです。

A社に100万円のローン、B社に50万円のローンがあった場合は、A社・B社それぞれに対して返済を行い、利子もそれぞれ別に計算します。リボルビング払いは、サービスを提供している会社が、自社での借り入れについてはすべて合計して扱うのが特徴で、そのため、同じ会社から複数回借り入れを繰り返すような消費者金融やクレジットカードで採用されています。


掲載地域
北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 新潟県 富山県 石川県 福井県 山梨県 長野県 岐阜県 静岡県 愛知県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県
アコム、アイフル、武富士、ポケットバンク、レイク、新生銀行、モビット
  • このエントリーをはてなブックマークに追加