お金を借りる時の金利を理解する

お金を借りるにあたって、まずきちんと覚えておきたいのは、金利についてです。

金利について正しい知識さえ持っていれば、お金を借りることは怖いことではありません。
逆に言えば、金利のしくみをよくわからないまま、お金を借りてしまうからこそ、多重債務をはじめとする自己破産や債務整理といった問題が起きているのです。

なぜ、この金利というしくみがあるのでしょうか。100万円のお金を借りたら100万円を返せばいい。
そのようにシンプルにできれば借金をめぐるトラブルは今よりは少なくはなくなるでしょう。
ですが、貸したものをただ返してもらえばそれでいい、というのは、親しい友人や家族の間でならともかく、他人間ではそうはいきません。

金利がなければ、貸したほうはなにも得をしないことになります。銀行や消費者金融など、お金を貸すことを商売にしている企業にとっては、金利こそがおもな収益源なのですから、金利がないと事業がなりたたないわけです。

ま、当たり前といえば当たり前ですね。

ましてや業務となれば、そこに携わる人たちの人件費もかかってるわけですからね。

お金を人に貸すということは、その間、そのお金は使えないわけですから、個人間でも利息を取られても当たり前と考えた方がよいでしょう。


掲載地域
北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 新潟県 富山県 石川県 福井県 山梨県 長野県 岐阜県 静岡県 愛知県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県
アコム、アイフル、武富士、ポケットバンク、レイク、新生銀行、モビット
  • このエントリーをはてなブックマークに追加