TOP

ブラックでもお金を借りる

金融のブラックとは

消費者金融でキャッシングをする際によく耳にする
ブラックリストというのがあります。

何度も借入をしているとブラックリストとして
名前が載ってしまうのではないか・・
という心配をしている人も少なくないでしょう。

ブラックと呼ばれる情報として消費者金融との間に
返済が遅れたり自己破産をして返済が出来なかったという記録が残ってしまいます。

消費者金融もお金を貸すことが仕事ですので返してもらわなければ損害になります。
何かトラブルを抱えたようなお客であれば情報を共有したいと考えています。

そのような回収出来なかったケースのことを「金融事故」といいます。

その状態のことをブラックリストとして見なされたということになります。
ブラックと判断されてしまうと他で融資が受けにくくなりますので注意は必要です。

ですが、ブラックは期間など一定条件のクリアで解除されますので
以前ブラックだった方でも条件クリアすれば
クレジットカードなどは普通につくれるようになるのです。

借入限度額

総量規制の法改正後、消費者金融で借りられる金額というのは
年収の1/3となっています。
収入があれば借りられるということでアルバイトやパートでも
働いているというのであればその収入に応じた借入が出来る仕組みになっています。

ただし銀行での住宅ローンや車のローンなど
総量規制の計算に入れられないものもありますので
一概に借り入れがこれだけだから、借りれないと決めつけないでください。

金融には申し込みブラックというものもあり
審査に通りたいためにたくさんの消費者金融に申し込むのはタブーです。

一度にあちこちで借りたがっていると判断されてそれだけでペナルティを課されることになり、ブラックと同じ扱いになることもあります。

消費者金融の審査が厳しくて通らなかった場合は
次の他社に申し込むのは当然なのですがあまりそれを
一度に申し込んでしまうのは会社側も良くは思われません。

審査のときに他でも申し込んでいるがどうするのか?
という内容の趣旨を問われることがあります。
まずは一つ審査を申込み、その結果を待ってから
次のキャッシング会社に申し込むのが得策だと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加